PAGE TOP

心臓病のおはなし
心臓病のおはなし

心臓病の診療(循環器科)

近年、獣医療の発展により動物の寿命ものび、それに伴い心臓疾患も増加傾向にあります。初期の心臓病では、症状がないことも多く、身体検査にて初めて心臓病の存在が疑われることがありますので、定期的な診察をお勧めしております。また、ワンちゃんやネコちゃんで多く認められる心疾患の多くは進行性であることが多く、早期に発見できたのであれば、的確な評価をし、経過を見ていくことが大事と考えております。

心臓病の診察を行うにあたり、様々な検査があります。検査には、身体検査から、血液検査、心電図検査、血圧測定、レントゲン検査、超音波検査、尿検査など様々な検査があります。中には心臓病に見えても、他の病気が関係していることも多くありますので、その都度必要な検査を行い、総合的な判断をし、治療をさせて頂きます。

また、下記のような症状が認められた場合には、心臓病の存在が疑われるため、一度検査をお勧めいたします。

  • ◎ 散歩に行くのを嫌がる。
  • ◎ 疲れやすい。
  • ◎ 呼吸が荒い、舌の色が紫色になる。
  • ◎ 咳をする
  • ◎ ふらついたり、失神する。
  • ◎ お腹がはってきた。

  • *心臓病の検査をご希望の方はお電話にてご予約お電話にてご予約ください。

■犬の心臓病

小型犬・中型犬では慢性弁膜疾患が多く、大型犬では拡張型心筋症が多い傾向にあります。進行すると肺水腫や不整脈の発現につながることがあります。

■猫の心臓病

猫では肥大型心筋症が多く、若齢でも発生することがあります。また、猫ちゃんの場合は症状がわかりづらい事が多く、少し元気がないというだけの事もあり、進行すると、動脈血栓塞栓症、肺水腫、胸水症、突然死などにつながることもあります。

【治療】

心臓病の治療には外科療法および内科療法がございますが、多くが内科的な治療となります。内科治療では病気の早期発見により、病態に合わせた治療をおこない、病気の進行を遅らせることが非常に重要となります。

  • 循環器(心臓病など)のお話
    (心臓病など)

    近年、獣医療の発展により動物の寿命ものび、それに伴い心臓疾患も増加傾向にあります。
    初期の心臓病では、症状がないことも多く、身体検査にて初めて心臓病の存在が疑われることがありますので、定期的な診察をお勧めしております。また、ワンちゃんやネコちゃん...

    つづきを読む

  • 腫瘍科(がん)のお話
    (がん)

    近年、ワンちゃん・ネコちゃんの腫瘍の病気が増えてきています。動物の世界でも平均寿命が延びてきていて、高齢化により腫瘍ができる可能性が増えていることが、一番の理由と考えられています。 また、獣医療の進歩や、飼い主様の健康管理や病気予防の意識の高まりに...

    つづきを読む

Instagram

飼い主さまの声

目黒区の飼い主さまより

先代猫から、かれこれ7年、ずっと掛かり付け...

目黒区の飼い主さまより

先生が納得するまで親切に説明をして下さって...

目黒区の飼い主さまより

数年前のお正月に、何の前触れもない突然の血尿。...

目黒区の飼い主さまより

院内は白を基調にされていて、広いスペースもあり...

目黒区の飼い主さまより

アビス動物病院さんで月に一度のトリミングをお願いし...

目黒区 糟谷さまより

初めてお世話になった時の印象は、「説明が丁寧で細や...

目黒区 黒岩さまより

てんかんと首のヘルニアでとてもお世話になっています...

目黒区 高瀬さまより

これまで何軒もの動物病院にお世話になってきましたが...

目黒区 小山さまより

以前飼っていた犬を看取っていただいたのが...

世田谷区 鈴木さまより

目黒通り沿いというアクセスが良い環境ながら、院内は...

目黒区 新井さまより

クリニック内は白を基調とし非常に清潔な空間で...

世田谷区上馬 寺田さまより

アビス動物病院さんは、いつも清潔でキレイなところが...

目黒区碑文谷 稲葉さまより

以前飼っていた犬が病気になった時、他の病院では...