PAGE TOP

症例コラム
症例コラム

症例コラム

免疫介在性溶血性貧血のワンちゃん[2022.01.17]

少し前から、元気がない、食欲がないとの事で、

サルーキのワンちゃんが来院しました。

熱が高く、色々と検査を行ったところ、免疫介在性の溶血性貧血でした。

 

以前も症例コラムで登場した事のある病気ですが、自分の免疫で血液中の赤血球

を壊してしまい、貧血になる病気です。

血液が壊れ、黄疸が出ているので、

血液の色もこんな感じの黄色になってます。↓

(血液を血球成分と液体成分に分けたものになりますが、通常は液体成分が透明です)

治療は、通常ステロイドを使いますが、大型犬はステロイドの副作用が出やすいため、

他の免疫抑制剤も使います。

ステロイドや、免疫抑制剤は効果が出るのに、時間がかかり、

効果が出る前に貧血がどんどん進行してしまう場合には、輸血や他の薬を使用します。

以前の症例コラムのワンちゃんは、ステロイドで何とかなりましたが、

今回は貧血の進行が早かったため、「免疫グロブリン製剤」というものを使用し、

何とか回復してきました!

「免疫グロブリン製剤」は、使うチャンスも少なく、高価なので中々在庫している病院も少ないのですが、今回は体重も大きいので、なんと5本も必要でした。当院にも在庫がなく、いつも届けてくれる製薬会社のところには、

1本しかない。

製薬会社の方が、愛知県から5本を次の日に届けてくださり、本当にありがたかったです。

すぐ必要な薬をすぐに届けてくれるという製薬会社さんに、本当に感謝でいっぱいです。

貧血は改善してきており、ステロイドも減量することができております。

ステロイドの影響で、ちょっと下痢ぎみですが、徐々に回復してきています。

 

■お問い合わせ

目黒区 l 碑文谷 l 動物病院 l アビス動物病院

東京都目黒区碑文谷2-10-21

03-6451-0801

 

 

 

 

«

  • 循環器(心臓病など)のお話
    (心臓病など)

    近年、獣医療の発展により動物の寿命ものび、それに伴い心臓疾患も増加傾向にあります。
    初期の心臓病では、症状がないことも多く、身体検査にて初めて心臓病の存在が疑われることがありますので、定期的な診察をお勧めしております。また、ワンちゃんやネコちゃん...

    つづきを読む

  • 腫瘍科(がん)のお話
    (がん)

    近年、ワンちゃん・ネコちゃんの腫瘍の病気が増えてきています。動物の世界でも平均寿命が延びてきていて、高齢化により腫瘍ができる可能性が増えていることが、一番の理由と考えられています。 また、獣医療の進歩や、飼い主様の健康管理や病気予防の意識の高まりに...

    つづきを読む

Instagram

飼い主さまの声

目黒区の飼い主さまより

うちのレオは、食も細く、低血糖で...

目黒区の飼い主さまより

初めて犬を飼う私たち家族は、予防接種や...

目黒区の飼い主さまより

先代猫から、かれこれ7年、ずっと掛かり付け...

目黒区の飼い主さまより

先生が納得するまで親切に説明をして下さって...

目黒区の飼い主さまより

数年前のお正月に、何の前触れもない突然の血尿。...

目黒区の飼い主さまより

院内は白を基調にされていて、広いスペースもあり...

目黒区の飼い主さまより

アビス動物病院さんで月に一度のトリミングをお願いし...

目黒区 糟谷さまより

初めてお世話になった時の印象は、「説明が丁寧で細や...

目黒区 黒岩さまより

てんかんと首のヘルニアでとてもお世話になっています...

目黒区 小山さまより

以前飼っていた犬を看取っていただいたのが...

世田谷区 鈴木さまより

目黒通り沿いというアクセスが良い環境ながら、院内は...

目黒区 新井さまより

クリニック内は白を基調とし非常に清潔な空間で...

世田谷区上馬 寺田さまより

アビス動物病院さんは、いつも清潔でキレイなところが...

目黒区碑文谷 稲葉さまより

以前飼っていた犬が病気になった時、他の病院では...