PAGE TOP

豆知識
豆知識

豆知識

フィラリア検査の必要性[2013.05.05]

ワンちゃんの病気のフィラリア症とは、正確には犬糸状虫という寄生虫による病気の事で、蚊が媒介して感染を広げる伝染病です。 感染が起こる手順は以下のようになります。

①フィラリア症のワンちゃんの血を蚊が吸うと、蚊の体内にフィラリアの幼虫が移動します。

②蚊の体内で感染できる幼虫に成長してから、他のワンちゃんの血を吸った時にワンちゃんの体内(皮下)に移動します。

③それから、幼虫は移動しながら成長を続けて、2〜3ヶ月で血管の中に到達して、さらに心臓に移動します。

④その後心臓の中に寄生して、成虫になり、また幼虫を産み始めます。

この感染を防ぐために、フィラリアの幼虫を駆虫するお薬を定期的に使っていく必要があります。

 

『フィラリアの予防』は、現在ワンちゃんを飼われている方のほとんどがおこなっています。 ただ、お薬を始める前には必ずフィラリアがいないかどうかの検査が必要です。なぜなら、フィラリア症のワンちゃんが、通常のフィラリア予防のお薬を飲むのは大変危険だからです。

フィラリア症のワンちゃんにお薬を飲ませると、血管の中にいるフィラリアの幼虫が大量に死滅して、その幼虫の体の成分により、ショック症状を起こします。最悪、亡くなってしまう可能性もあります。

 

フィラリア症と判断できるのは、フィラリアの幼虫が体に入ってきてから、6~7ヶ月かかるので、去年までの予防ができているかが大事になります。

年齢に関係なく、蚊がいる時期を過ごしている子には全て感染の可能性があります。毎月お薬をあげていても、その時に吐き出してしまったり、体の具合などで薬の吸収が悪く、その時に十分な効果が発揮できていない場合は、予防が完璧ではないかもしれません。

当院ではワンちゃんたちの安全を一番に考え、フィラリアの検査をさせていただいております。安心してお薬を使うために、お薬を飲ませる前に必ず検査をおこないましょう。

 

■お問い合わせ

目黒区 l 碑文谷 l 動物病院 l アビス動物病院

東京都目黒区碑文谷2-10-21

03-6451-0801

« »

  • 循環器(心臓病など)のお話
    (心臓病など)

    近年、獣医療の発展により動物の寿命ものび、それに伴い心臓疾患も増加傾向にあります。
    初期の心臓病では、症状がないことも多く、身体検査にて初めて心臓病の存在が疑われることがありますので、定期的な診察をお勧めしております。また、ワンちゃんやネコちゃん...

    つづきを読む

  • 腫瘍科(がん)のお話
    (がん)

    近年、ワンちゃん・ネコちゃんの腫瘍の病気が増えてきています。動物の世界でも平均寿命が延びてきていて、高齢化により腫瘍ができる可能性が増えていることが、一番の理由と考えられています。 また、獣医療の進歩や、飼い主様の健康管理や病気予防の意識の高まりに...

    つづきを読む

Instagram

飼い主さまの声

目黒区の飼い主さまより

初めて犬を飼う私たち家族は、予防接種や...

目黒区の飼い主さまより

先代猫から、かれこれ7年、ずっと掛かり付け...

目黒区の飼い主さまより

先生が納得するまで親切に説明をして下さって...

目黒区の飼い主さまより

数年前のお正月に、何の前触れもない突然の血尿。...

目黒区の飼い主さまより

院内は白を基調にされていて、広いスペースもあり...

目黒区の飼い主さまより

アビス動物病院さんで月に一度のトリミングをお願いし...

目黒区 糟谷さまより

初めてお世話になった時の印象は、「説明が丁寧で細や...

目黒区 黒岩さまより

てんかんと首のヘルニアでとてもお世話になっています...

目黒区 高瀬さまより

これまで何軒もの動物病院にお世話になってきましたが...

目黒区 小山さまより

以前飼っていた犬を看取っていただいたのが...

世田谷区 鈴木さまより

目黒通り沿いというアクセスが良い環境ながら、院内は...

目黒区 新井さまより

クリニック内は白を基調とし非常に清潔な空間で...

世田谷区上馬 寺田さまより

アビス動物病院さんは、いつも清潔でキレイなところが...

目黒区碑文谷 稲葉さまより

以前飼っていた犬が病気になった時、他の病院では...