PAGE TOP

豆知識
豆知識

豆知識

子宮蓄膿症 ~病気のサインに気付いてあげて~[2013.06.26]

今回お話しする病気は、子宮蓄膿症という病気です。

手遅れになると命に関わることがある病気ですので、大事なのは『いかに早く子宮蓄膿症に気付いてあげられるか』です。

この病気は、避妊手術をしていない比較的高齢のワンちゃん・ネコちゃんにおこります。

高齢になり性ホルモンのバランスが崩れやすくなると、生理終了後1~2ヶ月頃に子宮の中の免疫力が落ちるため、細菌が侵入しやすくなります。

この細菌が繁殖していくと、子宮に膿(うみ)が貯まっていきます。最初のうちは子宮の中だけの変化ですので、症状はあまり見られません。

しかし、膿の量が増えていくと、その子によって2つのタイプに分かれます。

①開放性

子宮に貯まった膿が陰部から少しずつ、または大量に出てきます。多くは黄色いドロッとした液体で、時々赤い血液を混じることがあります。

この症状は比較的分かりやすく、オーナー様もすぐに気付くことが多いですが、もちろん放っておけば悪くなってしまいますので、異常に気付いたらすぐに病院で診察を受けた方がよいでしょう。

②閉塞性

こちらが、重症になりやすいタイプです。 子宮に貯まった膿の逃げ場がないため、膿の中の細菌や、その細菌が出す毒素が少しずつ体中に広がっていきます。

最初は症状があまりはっきりせず、少し元気がない食欲はあるが元気に食べない、といった症状の場合が多いです。特に高齢の子では『年のせいかも』と、発見が遅れることが多いです。

菌や毒素が全身に広がっていくと発熱激しい吐き下痢といった症状がみられ、元気・食欲もどんどんなくなっていきます。

また、毒素の影響でお水をたくさん飲む傾向があるため、多飲多尿(水をたくさん飲み、たくさんおしっこをすること)も見られることがあります。

更にひどくなると、全身の臓器へのダメージから『多臓器不全』に、細菌に体負けてしまい、身を守る細胞が激減する『敗血症』などになってしまう危険があります。 また子宮がお腹の中で破裂してしまうと、『急性腹膜炎』を起こしてしまいます。

これらの状況になってしまうと危険な状態ですので、処置が間に合わなくなってしまうことが多くなります。

 

治療法は、膿の貯まった子宮を取り除くことです。つまり、完治させるのに手術が必要になるのです。

病気の発見時の状態が悪いほど、麻酔のリスクが上がったり、本人の体力・回復力が低下しているため、早くに気付いて治療することが大事になります。

子宮蓄膿症に気付くためのサインは

①発生条件と時期

②健康に見えているときの小さな症状、仕草

です。

①は避妊手術をしていない高齢のワンちゃん・ネコちゃんの、生理が終わってから2か月以内は注意が必要です。 発生する年齢はまちまちですが、5,6歳でも起こっています。 特に生理がいつもより長引いている時などはリスクが高いとも言われています。

②は、生理が終わっているのに陰部周りが腫れているいつもより長く陰部周りを気にしてなめている、など元気だけどいつもと違う仕草が見られたり、①の条件のいずれかに当てはまる中で、元気消失、嘔吐、下痢、多飲多尿などが見られる場合は、念のためすぐに病院で診てもらってください。

その際はレントゲン検査や超音波検査ですぐに診断ができます。早いうちに対処すれば、決して怖い病気ではありません。

当院では、診断・検査はもちろんですが、子宮蓄膿症の手術も対応しております。少しでも怪しい症状、様子があれば、いつでもご相談下さい。

また、子宮蓄膿症は避妊手術をおこなっておくことで予防することができます。この病気の事だけでも避妊手術を行うメリットが高いと思いますので、避妊手術も考えていただくとよいかと思います。 避妊手術についてのご相談もお気軽にお問い合わせ下さい。

 

■お問い合わせ

目黒区 l 碑文谷 l 動物病院 l アビス動物病院

東京都目黒区碑文谷2-10-21

03-6451-0801

« »

  • 循環器(心臓病など)のお話
    (心臓病など)

    近年、獣医療の発展により動物の寿命ものび、それに伴い心臓疾患も増加傾向にあります。
    初期の心臓病では、症状がないことも多く、身体検査にて初めて心臓病の存在が疑われることがありますので、定期的な診察をお勧めしております。また、ワンちゃんやネコちゃん...

    つづきを読む

  • 腫瘍科(がん)のお話
    (がん)

    近年、ワンちゃん・ネコちゃんの腫瘍の病気が増えてきています。動物の世界でも平均寿命が延びてきていて、高齢化により腫瘍ができる可能性が増えていることが、一番の理由と考えられています。 また、獣医療の進歩や、飼い主様の健康管理や病気予防の意識の高まりに...

    つづきを読む

Instagram

飼い主さまの声

目黒区の飼い主さまより

先代猫から、かれこれ7年、ずっと掛かり付け...

目黒区の飼い主さまより

先生が納得するまで親切に説明をして下さって...

目黒区の飼い主さまより

数年前のお正月に、何の前触れもない突然の血尿。...

目黒区の飼い主さまより

院内は白を基調にされていて、広いスペースもあり...

目黒区の飼い主さまより

アビス動物病院さんで月に一度のトリミングをお願いし...

目黒区 糟谷さまより

初めてお世話になった時の印象は、「説明が丁寧で細や...

目黒区 黒岩さまより

てんかんと首のヘルニアでとてもお世話になっています...

目黒区 高瀬さまより

これまで何軒もの動物病院にお世話になってきましたが...

目黒区 小山さまより

以前飼っていた犬を看取っていただいたのが...

世田谷区 鈴木さまより

目黒通り沿いというアクセスが良い環境ながら、院内は...

目黒区 新井さまより

クリニック内は白を基調とし非常に清潔な空間で...

世田谷区上馬 寺田さまより

アビス動物病院さんは、いつも清潔でキレイなところが...

目黒区碑文谷 稲葉さまより

以前飼っていた犬が病気になった時、他の病院では...