PAGE TOP

症例コラム
症例コラム

症例コラム

胆嚢粘液嚢腫のわんちゃん[2021.08.20]

吐き気があり、嘔吐を繰り返し、ぐったりしているとの事で、5歳のパグさんが来院されました。

諸々の検査をしたところ、胆嚢粘液嚢腫という事がわかりました。

胆嚢は、肝臓で胆汁という消化酵素を作り、貯めておく場所で、胆嚢から続く総胆管を通して、

十二指腸(小腸)に胆汁を流します。

胆嚢粘液嚢腫は、胆嚢内に粘液がたまり、胆嚢が大きくなった状態となります。胆嚢から胆汁がうまく、小腸に流れず、胆汁の鬱滞が起きてしまいます。

胆嚢粘液嚢腫は、シェルティ、コッカースパニエル、ミニチュア・シュナウザーなどで多いとされますが、そのほかの犬種でも見られます。

症状は、嘔吐や食欲不振、元気がない、黄疸など様々で、治療は内科と外科があります。胆汁がうまく流れない場合は、外科がメインとなります。

 

今回は、黄疸が出ており、検査を行ったところ、胆汁がうまく流れず総胆管の詰まりがあったので、(↓胆嚢の超音波写真)

 

 

 

 

 

 

 

 

手術を予定し内科療法を行ったところ、状態が改善したので、一旦退院しました。

しかし、将来的な再発リスクを考え、胆嚢摘出の手術を行いました。

術後は良好で、元気にお家に帰ってくれました!!

元気がない、食欲がないなど、何かありましたら、お気軽にご相談ください!!

 

■お問い合わせ

目黒区 l 碑文谷 l 動物病院 l アビス動物病院

東京都目黒区碑文谷2-10-21

03-6451-0801

«

  • 循環器(心臓病など)のお話
    (心臓病など)

    近年、獣医療の発展により動物の寿命ものび、それに伴い心臓疾患も増加傾向にあります。
    初期の心臓病では、症状がないことも多く、身体検査にて初めて心臓病の存在が疑われることがありますので、定期的な診察をお勧めしております。また、ワンちゃんやネコちゃん...

    つづきを読む

  • 腫瘍科(がん)のお話
    (がん)

    近年、ワンちゃん・ネコちゃんの腫瘍の病気が増えてきています。動物の世界でも平均寿命が延びてきていて、高齢化により腫瘍ができる可能性が増えていることが、一番の理由と考えられています。 また、獣医療の進歩や、飼い主様の健康管理や病気予防の意識の高まりに...

    つづきを読む

Instagram

飼い主さまの声

目黒区の飼い主さまより

うちのレオは、食も細く、低血糖で...

目黒区の飼い主さまより

初めて犬を飼う私たち家族は、予防接種や...

目黒区の飼い主さまより

先代猫から、かれこれ7年、ずっと掛かり付け...

目黒区の飼い主さまより

先生が納得するまで親切に説明をして下さって...

目黒区の飼い主さまより

数年前のお正月に、何の前触れもない突然の血尿。...

目黒区の飼い主さまより

院内は白を基調にされていて、広いスペースもあり...

目黒区の飼い主さまより

アビス動物病院さんで月に一度のトリミングをお願いし...

目黒区 糟谷さまより

初めてお世話になった時の印象は、「説明が丁寧で細や...

目黒区 黒岩さまより

てんかんと首のヘルニアでとてもお世話になっています...

目黒区 高瀬さまより

これまで何軒もの動物病院にお世話になってきましたが...

目黒区 小山さまより

以前飼っていた犬を看取っていただいたのが...

世田谷区 鈴木さまより

目黒通り沿いというアクセスが良い環境ながら、院内は...

目黒区 新井さまより

クリニック内は白を基調とし非常に清潔な空間で...

世田谷区上馬 寺田さまより

アビス動物病院さんは、いつも清潔でキレイなところが...

目黒区碑文谷 稲葉さまより

以前飼っていた犬が病気になった時、他の病院では...