PAGE TOP

症例コラム
症例コラム

症例コラム

骨の腫瘍[2013.11.20]

10歳のゴールデンレトリバーのワンちゃんが来院されました。

少し前から後ろ足をかばっていて、最近急に痛くなったとの事でした。

レントゲンをとってみると、、、左の太ももの骨に穴の開いたような部分が

見つかりました。

この部分を検査してみたところ、、

『骨肉腫』という骨の腫瘍でした。

骨肉腫の場合は、骨を溶かすため痛みがひどく、動物のQOL(生活の質)が著しく落ちるため、

通常、断脚(足の切断)手術が選択されます。

でも、断脚って中々決断できませんよね。。。

このワンちゃんは、日に日に足の痛みがひどくなっていったので、飼い主様には苦渋の決断だったかと思いますが、断脚手術を選択されました。

しかし、手術2日後には、3本脚で立って歩くようになり、

また、その後自分でしゃがんで排便、排尿もできるようになりました!

退院後は脚の痛みも無く、普通に散歩したり、水浴びしたりもしたそうです。

この手術の後、抗ガン剤の選択もされました。

『足をかばう』といっても色々な原因があります。骨折や、神経の病気、腫瘍、ガラスなどの異物をふんでしまった、など。

すぐ治ってしまうものもありますし、長く続くものや、よーく見たら気づきました、というものもあります。

ちなみに、レントゲン検査はすぐに行うことができ、麻酔は必要ない検査です。

何か気になる事などございましたら、お気軽にご相談ください。

 

■お問い合わせ

目黒区 l 碑文谷 l 動物病院 l アビス動物病院

東京都目黒区碑文谷2-10-21

03-6451-0801

« »

  • 循環器(心臓病など)のお話
    (心臓病など)

    近年、獣医療の発展により動物の寿命ものび、それに伴い心臓疾患も増加傾向にあります。
    初期の心臓病では、症状がないことも多く、身体検査にて初めて心臓病の存在が疑われることがありますので、定期的な診察をお勧めしております。また、ワンちゃんやネコちゃん...

    つづきを読む

  • 腫瘍科(がん)のお話
    (がん)

    近年、ワンちゃん・ネコちゃんの腫瘍の病気が増えてきています。動物の世界でも平均寿命が延びてきていて、高齢化により腫瘍ができる可能性が増えていることが、一番の理由と考えられています。 また、獣医療の進歩や、飼い主様の健康管理や病気予防の意識の高まりに...

    つづきを読む

Instagram

飼い主さまの声

目黒区の飼い主さまより

初めて犬を飼う私たち家族は、予防接種や...

目黒区の飼い主さまより

先代猫から、かれこれ7年、ずっと掛かり付け...

目黒区の飼い主さまより

先生が納得するまで親切に説明をして下さって...

目黒区の飼い主さまより

数年前のお正月に、何の前触れもない突然の血尿。...

目黒区の飼い主さまより

院内は白を基調にされていて、広いスペースもあり...

目黒区の飼い主さまより

アビス動物病院さんで月に一度のトリミングをお願いし...

目黒区 糟谷さまより

初めてお世話になった時の印象は、「説明が丁寧で細や...

目黒区 黒岩さまより

てんかんと首のヘルニアでとてもお世話になっています...

目黒区 高瀬さまより

これまで何軒もの動物病院にお世話になってきましたが...

目黒区 小山さまより

以前飼っていた犬を看取っていただいたのが...

世田谷区 鈴木さまより

目黒通り沿いというアクセスが良い環境ながら、院内は...

目黒区 新井さまより

クリニック内は白を基調とし非常に清潔な空間で...

世田谷区上馬 寺田さまより

アビス動物病院さんは、いつも清潔でキレイなところが...

目黒区碑文谷 稲葉さまより

以前飼っていた犬が病気になった時、他の病院では...