PAGE TOP

症例コラム
症例コラム

症例コラム

僧帽弁閉鎖不全症[2014.04.21]

投稿がご無沙汰になってしまいました。

今回は、僧帽弁閉鎖不全症という病気のワンちゃんについてです。

健康診断で心臓に雑音が聞こえたため、心電図、レントゲン検査、超音波検査を

行いました。日本では、小型犬が多く、小型犬やキャバリア・キング・C・Sでは僧帽弁閉鎖不全症という病気が多いため、ご存知の飼い主様も多いと思われます。

僧帽弁というのは、左心房と左心室の間にある弁膜で、心臓の中で血液が逆流しないように働いています。

下図がその時の超音波検査の画像です。

 

 

 

 

 

 

矢印部分が僧帽弁の先端で、一部分厚くなっております。

この部分の閉じが悪くなり、心臓が収縮する時に血液が左心室から左心房へと

逆流する病気が僧帽弁閉鎖不全症です。進行すると、咳がでたり、肺に水が貯まってしまう(肺水腫)事もあります。

ただ、僧帽弁閉鎖不全症があるというだけでお薬を飲む必要はなく、肺水腫になるワンちゃんも全体の30%と言われております。

今回のワンちゃんも、まだお薬を飲む必要はありませんので、経過観察とさせて

頂きました。

僧帽弁閉鎖不全症は通常、心臓に雑音があり、検査をして発見される事が多いです。ただ、心臓に雑音があっても僧帽弁閉鎖不全症とは限りませんし、僧帽弁閉鎖不全症でも必ずしもお薬をのむ必要はありませんので、お薬を始める時は、

しっかり検査をしましょう!

 

■お問い合わせ

目黒区 l 碑文谷 l 動物病院 l アビス動物病院

東京都目黒区碑文谷2-10-21

03-6451-0801

« »

  • 循環器(心臓病など)のお話
    (心臓病など)

    近年、獣医療の発展により動物の寿命ものび、それに伴い心臓疾患も増加傾向にあります。
    初期の心臓病では、症状がないことも多く、身体検査にて初めて心臓病の存在が疑われることがありますので、定期的な診察をお勧めしております。また、ワンちゃんやネコちゃん...

    つづきを読む

  • 腫瘍科(がん)のお話
    (がん)

    近年、ワンちゃん・ネコちゃんの腫瘍の病気が増えてきています。動物の世界でも平均寿命が延びてきていて、高齢化により腫瘍ができる可能性が増えていることが、一番の理由と考えられています。 また、獣医療の進歩や、飼い主様の健康管理や病気予防の意識の高まりに...

    つづきを読む

Instagram

飼い主さまの声

目黒区の飼い主さまより

先代猫から、かれこれ7年、ずっと掛かり付け...

目黒区の飼い主さまより

先生が納得するまで親切に説明をして下さって...

目黒区の飼い主さまより

数年前のお正月に、何の前触れもない突然の血尿。...

目黒区の飼い主さまより

院内は白を基調にされていて、広いスペースもあり...

目黒区の飼い主さまより

アビス動物病院さんで月に一度のトリミングをお願いし...

目黒区 糟谷さまより

初めてお世話になった時の印象は、「説明が丁寧で細や...

目黒区 黒岩さまより

てんかんと首のヘルニアでとてもお世話になっています...

目黒区 高瀬さまより

これまで何軒もの動物病院にお世話になってきましたが...

目黒区 小山さまより

以前飼っていた犬を看取っていただいたのが...

世田谷区 鈴木さまより

目黒通り沿いというアクセスが良い環境ながら、院内は...

目黒区 新井さまより

クリニック内は白を基調とし非常に清潔な空間で...

世田谷区上馬 寺田さまより

アビス動物病院さんは、いつも清潔でキレイなところが...

目黒区碑文谷 稲葉さまより

以前飼っていた犬が病気になった時、他の病院では...